利用可能なウェブページ名 | 低コストのドメイン

「」は、犬の食器・犬のトイレ・犬小屋などを企画・製作・販売しているネットショップ。埼玉県入間市にある株式会社が2004年8月に独自ドメイン店としてオープンし1年4か月後の2005年12月に月商100万円を達成している。取材時点での取扱商品点数はオーダー品も含めて30点ほど。「ブランドの維持」と「販売に関わる業務(売ること)以外はできる限りアウトソースする」という方針を保ちつつ、全体の運営指揮を代表の森氏が行っている。
Windows Server 2016では、Active Directoryのがデタッチされたクラスター(ワークグループクラスター)を基にした新しい種類のWindows Serverのフェールオーバークラスターを導入しました.Windows Serverの2016年には、基礎の上にベースのWindows Serverフェールオーバークラスターの新しい種類を導入しましたActive Directoryで分離されたクラスタのワークグループクラスタないWSFCの上に可用性グループを展開するためのワークグループクラスターによって、SQL Serverの2016は、AD DSを必要としないWSFCの上部に可用性グループを展開することができます.AワークグループクラスタベローズのSQL Server 2016 DS DSが必要です。 SQL Serverのでのは、データベースミラーリングのシナリオで証明書が必要なように、エンドポイントのセキュリティに証明書を使用する必要があります.SQL Serverは、シナリオデータベースミラーリングは、証明書が必要と同じように、エンドポイントセキュリティのための証明書を使用する必要があります。このオプションを使用して、このデバイスから削除することができます。このタイプの可用性グループは、ドメイン独立可用性グループと呼ばれます。基本的なワークグループクラスタとの基になるワークグループクラスターでの可用性グループの展開では、WSFCを構成するノードに対して次の組み合わせをサポートします.Deploying可用性グループが占めるようになるノードについて、以下の組み合わせをサポートしていますWSFC:
請求責任損害賠償対し対応代金注意著作権著作物通信販売通知定め提供電子メール電子署名電子商取引電話特定商取引法内容認められ必要があります表示不正弊社返品方法法律本人無効名簿業者問題漏えい瑕疵瑕疵担保責任
エンドポイントでURL、対象のコンピューターのミラーリングエンドポイントに関連付けられているサーバーインスタンスを識別するのは、ポートの番号だけです.IInエンドポイントURL、ポートの数だけが関連付けられているサーバーインスタンスを識別するターゲットコンピュータ上のミラーリングエンドポイント。次の図は、1台のコンピューターにある2つのサーバーインスタンスのエンドポイントURLを示しています【選択次の図は、単一のコンピュータ上の2つのサーバーインスタンスのエンドポイントのURLを示しています。既定のインスタンスではポート7022が使用され、名前付きインスタンスではポート7033が使用されます【選択既定のインスタンスはポート7022を使用し、名前付きインスタンスがポート7033.これら2つのサーバーインスタンスのエンドポイントのURLは、それぞれTCPを使用しています。
コピー、および復元するか、または自動シード処理を使用することをお勧めします.IT、手動でバックアップすることをお勧めしますコピー、および二次の初期化、または自動シーディングを使用するために使用されるバックアップを復元しています。にセカンダリレプリカを初期化するためのウィザードの使用には、サーバーメッセージブロック(SMB)ファイルが関係し、ドメインに参加していないワークグループクラスターを使用する場合は動作しない可能性があります.Usingウィザードセカンダリレプリカを初期化し、ドメインに参加していないワークグループのクラスタを使用しているときに動作しない可能性があり、サーバーメッセージブロック(SMB)ファイルの使用を含みます。
共通のDNSサフィックスは、ドメインに依存しない可用性グループのワークグループクラスターに必要です.A共通DNSサフィックスは、ドメインの独立した可用性グループのワークグループクラスタのために必要です。可用性グループのレプリカをホストする各Windows ServerのDNSにサフィックスを設定および確認するには、次の手順に従います設定と可用性グループのためのレプリカをホストする各Windowsサーバー上のDNSサフィックスを確認.TO、これらに従ってください指示:
ICANNオークションは、アセンディングクロックオークション(クロックオークションを昇順)と呼ばれる方式で行われます。アセンディングクロックオークションとは、予め時間を区切ったラウンドを設定し、ラウンド毎に開始価格と終了価格が提示されます。入札者はその価格範囲内で1度だけ入札を行えます。終了価格の入札者が複数となった場合は、終了価格を入札した企業のみが次のラウンドに進みます。次のラウンドでは前回のラウンドの終了価格が開始価格となり、終了価格は開始価格を大幅に上回る金額が設定されます。この流れを繰り返し、最終的に終了価格で入札した企業が1社となるか、残りの入札者が、全て終了価格未満で入札した場合、その中で最高額を入札した企業のみが落札権利を得られます。また、実際の落札金額は入札額とは異なり、最高入札者が入札した金額より次点の入札者が入札した金額が落札金額となります。
追加しメールやSkypeのビジネスオンラインのためのようなサービスは、自分のドメイン名を使用するようにOffice 365のでドメインをセットアップする手順に従います。これを行うには、ドメインを確認して、適切なDNSレコードセットアップできるようにOffice 365のに、ドメインのネームサーバーを変更します。次の3つのステートメントには、状況がについて説明している場合は、以下の手順を実行します。
トラフィックポリシー自体は、アプリケーションへのエンドユーザーのルーティング方法に影響しません。これは、トラフィックポリシーがアプリケーションの名DNS(www.example.comなど)にまだ関連付けられていないためです.Amazon国道53トラフィックフロー使用を開始し、作成したトラフィックポリシーを使用してアプリケーションにトラフィックをルーティングするには、ポリシーレコードを作成し、所有するアマゾン国道53ホストゾーン内の適切なDNS名にトラフィックポリシーを関連付けます。例えば私の初のトラフィックポリシーという名前を付けたトラフィックポリシーを使用してwww.example.comにあるアプリケーションのトラフィックを管理する場合、ホストゾーンexample.com内のwww.example.com用のポリシーレコード作成し、私の最初のトラフィックポリシートラフィックポリシーとして選択します。
.COMや.NETなどのgTLDのと呼ばれるTLDを扱うレジストラについては、gTLDの共通のルールに基づいて業務を実施する義務が課されているため、費用や細かいサービス面での差はありますが、どのレジストラ選んでもドメイン名の登録管理自体に関しては、比較的共通したサービスが受けられます。また、あるレジストラから別のレジストラへと乗り換えたい場合についても、あらかじめレジストラを変更するための手順が定められています。
クッキーアスキーアートあっインターネットウェブサイトお客様クレームクレジットカードサービスサイトしょうたとえばできますできるでしょうかでもというといったどのドメイン名トラブルなけれなっなどなりますなるによってネットショップページホームページまたまたはよいられます安全管理営業会社開示確認企業規定規約記載義務業者景品類経済産業省権利個人データ個人情報取扱個人情報保護古物商顧客広告考えられ行う行為購入作成使用自分取引取得商標商品承諾場合情報取扱事業情報保護法侵害申込
ここで、レジストリについて簡単におさらいしよう。まず、我々がドメイン名を取得するときは、登録業者に申し込んで所定の費用を支払う。この業者は「レジストラ」である。そして、そのドメイン情報をデータベース化して、DNSサーバーを運用しているのが「レジストリ」である(ちなみに、ベリサイン社はレジストラとレジストリの両方を行っている。レジストラ業務はネットワークソリューション事業が、レジストリ業務は、インターネット・サービス・グループが行っている:ベリサイン社の関連資料)。
2つ目の方法では、ポリシーを使用して1つのポリシーレコードを作成します。その後、ポリシーを使用して管理する追加のDNS名ごとに、作成したポリシーレコードのDNS名を参照する標準のCNAMEレコードを作成します。例えば、example.com用のポリシーレコードを作成する場合、www.example.com、blog.example.com、およびwww.example.net用のDNSレコードを作成し、各レコードのCNAME値にexample.comを設定できます.example.net、example.org、example.co.ukなど、ゾーンアペックス(ドメイン名の前にWWWや別のサブドメインが付かない)に対してこの方法を使用することはできません【選択アペックスのレコードでは、トラフィックポリシーを使用してポリシーレコードを作成する必要があります。
アマゾンルート53では、パブリックDNSレコードの作成と管理ができす。アマゾンルート53は、電話帳のように、インターネットのDNS電話帳でドメイン名がリストアップされているIPアドレスを管理します。またルート53では、特定のドメイン名を対応するIPアドレス(192.0.2.1など)に変換するリクエストに対応します.Route 53を使用して、新規ドメイン用にDNSレコードを作成したり、既存ドメインのDNSレコード変換したりできます。シンプルで標準的なルート53のためのREST APIを使えば、DNSレコードの作成、更新、および管理も簡単です。さらに、ルート53には、アプリケーションだけでなく、ウェブサーバーやその他リソースの正常性やパフォーマンスをモニタリングするヘルスチェック機能も用意されています。新しいドメイン名の登録や既存のドメイン名の変換を実行して、ルート53で管理することもできます。
「エンドポイントURL」という用語は、データベースミラーリングのユーザーインターフェイスとドキュメント。
コンピューター名と完全なコンピューター名が同じ場合は、DNSサフィックスは設定されていません.IFコンピュータ名とフルコンピュータ名が同じで、DNSサフィックスが設定されていません。たとえば、コンピューター名がALLANの場合、完全なコンピューター名の値は、ALLANだけにはなりません.FORたとえば、コンピュータ名がALLAN、ちょうどALLANすべきではない完全なコンピュータ名の値である場合。 ALLAN.SQLHA.LABのようになります.IT ALLAN.SQLHA.LABのようなものでなければなりません。 SQLHA.LABは、DNSサフィックスです.SQLHA.LABは、DNSサフィックスです。以下のためのワークグループの値は、WORKGROUPとなります【選択値
アマゾンルート53では、可用性と拡張性に優れたドメインネームシステム(DNS)、ドメイン名登録、ヘルスチェックの各ウェブサービスが提供されます.example.comとのような名前を、コンピュータが互いに接続するための数字のIPアドレス(192.0.2.1など)に変換することにより、開発者や企業がエンドコスト効率のよい方法を提供するように設計され、極めて信頼性が高く、ーザーをインターネットアプリケーションにルーティングする際にユーチューブています.DNSをヘルスチェックサービスと合わせて使用​​することで、トラフィックを正常なエンドポイントにルーティングしたり、独立してエンドポイントをモニタリングしたり、アラームを設定したりすることができます。まました、 example.comのようなドメイン名を購入して管理したり、お客様のドメインのD NS設定を自動的に構成したりできます.Route 53は、Amazon EC2のインスタンス、弾性ロードバランシングロードバランサー、Amazon S3のバケットなどのAWSで実行するインフラストラクチャにユーザーリクエストを効率的に接続します。これはユーザーAWSを外のインフラストラクチャにルーティングするためにも使用できます。
ドメイン名をAmazonで国道53ヘルスチェックのエンドポイントとして指定した場合、アマゾンルート53はそのドメイン名のIPv4のアドレスを検索し、IPv4のを使用してエンドポイントに接続します.Amazonルート53は、ドメイン名で指定されているエンドポイントの
使用可能なプリンタのリストにプリンタを追加する:アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し「プリンタとスキャナ」をクリックします左側のリストにお使いのプリンタが表示されない場合は、リストの下部にある「追加」ボタン()をクリックします。ローカルネットワーク上のプリンタをリスト表示するダイアログが表示されます。お使いのプリンタが表示されるまでに1〜2分かかることもあります。お使いプリンタがリストに表示されたらそれを選択し「追加」をクリックします。新しいソフトウェアのダウンロードを促すメッセージが表示された場合、該当するソフトウェアをダウンロードし、インストールします。
その一方で、ここ日本でJPドメインを運用するためには、「お名前.COM」(のhttp:
大変便利なサービスに思えるのだが、これには多くの問題があるとして物議を呼んだ1つは、多くのプログラムが正しく動作しなくなるということ。例えば、電子メール・プログラムのスパム防止機能がある。こうした機能は、メールの送信元が実在するドメイン名かをDNS(ドメインネームシステム)サーバーに問い合わせて、スパムか否かの判断材料としている。従来ならばエラー・コードが返ってくるが、サイトファインダーが導入されたことで、それが返ってこなくなった。結果、ドメイン名の確認ができなくなってしまったというわけです。
アマゾン国道53ホストゾーンへの管理アクセスをコントロールするには、AWSアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)サービスを使用します.AWS IAMを使えば、複数ユーザーを作成し、AWSアカウント内で各ユーザーのユーザー権限管理することにより、お客様の組織でDNSレコードを変更するユーザーをコントロールできます。ここで、AWSの詳細をご覧ください。
ルート53では標準DNSゾーンファイルのインポートをサポートしており、このゾーンファイルは多くのDNSプロバイダーおよび勇気などの標準DNSサーバーソフトウェアからエクスポートできます。新しく作成されたホストゾーン、および既定のNSとSOAレコード以外の空の既存のホストゾーンの場合は、ゾーンファイルを直接ルート53コンソールへ貼り付けることができ、ルート53が自動的にホストゾーンにレコードを作成します。ゾーンファイルのインポートを開始するには「アマゾン国道53開発者ガイド」をご覧ください。
Active Directoryのがデタッチされたクラスターを導入しました.Windows Server 2012のR2は、Active Directory、独立クラスタ、可用性グループで使用できるWindows Serverフェールオーバークラスタの特殊な形式を導入しました。この種類のWSFCは、同じActive Directoryのドメインにドメイン参加しているノードがまだ必要です。ただし、この場合、WSFC DNSはを使用していますが、ドメインは使用しませWSFCの.Thisタイプがまだ必要とんノードを同じActive Directoryドメインにドメイン参加させることができますが、この場合、WSFCはDNSを使用していますが、ドメインは使用していません。ドメインが引き続き含まれているため、アクティブディレクトリがデタッチされたクラスターでは、完全にドメインを必要としないエクスペリエンスを提供することはまだありません.Sinceドメインはまだ進化している、Active Directoryの-独立クラスタはまだありません完全なドメインフリーエクスペリエンスを提供します。
ポイントチェックPSUP setStringのアクセスインターネットウイルスくれサービスサイトだけデータできるというどのドメインどんな設問などによってによるネットワークパケットパスワードパターンファイルブラウザプロキシサーバべきヘッダますマルウェアメールアドレスメールサーバユーザられリスクログログイン暗号化以内で具体以内で述べよ運用下線画面解答の要点解答例開発外部メール確認感染監査管理機器機能及び空欄検知顧客午後攻撃行う作業使用試験実施社内主任取得従業員出題処理省略場合情報システム情報セキュリティ脆弱性接続設定操作送信元対応対策担当端末通信転送電子答えよ特定内容認証番号必要筆者注不正変更本文無線問題予約来客利用理由漏えい
い。複数のホストゾーンを作成すると、DNS設定を「テスト」環境で検証し「プロダクション」ホストゾーンで設定を複製できます。例えば、ホストゾーンZ1234は、example.comのテストバージョンで、ネームサーバーNS 1、NS 2、NS 3、NS-4上にホストされます。同様に、ホストゾーンZ5678は、example.comのプロダクションバージョンであり、NS-5、NS-6、NS-7、 NS-8上にホストされます。各ホストゾーンには、そのゾーンに関連するネームサーバーのバーチャルセットがあるため、国道53 DNSはクエリに送信するネームサーバーに応じて、別々にexample.comのDNSクエリに返信します。
「国別コードトップレベルドメイン:国コードトップレベルドメイン」の略各国。
ディレクトリを作成すると、 “contoso.onmicrosoft.com” などの初期ドメイン名がプライマリドメイン名に設定されます.Whenディレクトリが作成され、のような初期のドメイン名、 ‘contoso.onmicrosoft.comは、’ もありますプライマリドメイン名。新しいユーザーを作成するときにプライマリドメインは、新しいユーザーを作成したときにそのユーザーの既定のドメイン名になります【選択プライマリドメインは、新規ユーザーのデフォルトのドメイン名です。プライマリドメイン名の設定によって、管理者がポータルでユーチューブーザーを新規作成するプロセスが効率化されますプライマリドメイン名を.Settingポータルで新規ユーザーを作成するには、管理者のためのプロセスを合理化します。プライマリドメイン名を変更するには、次の手順に従います.TOプライマリドメイン名を変更します。
アマゾンルート53は、迅速で使いやすく、経済的です.DNSサーバーのグローバルネットワークを使用して、少ない呼び出し時間でDNSクエリに対応します。お客様のドメインのクエリは、最も近いDNSサーバーに自動的転送されるため、可能な限り優れたパフォーマンスで対応します.Amazonルート53で、AWSマネジメントコンソールまたは使いやすいAPIを使って、パブリックDNSレコードを作成および管理できます。ドメイン名が必要な場合は、使用可能な名前を探して、Amazonでルート53を使用して登録できます。既存のドメインをアマゾンルート53で管理するように移転することもできます。また、その他のアマゾンウェブサービスとも統合可能です。例えば、AWSアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)サービスとアマゾンルート53を使って、御社組織のDNS記録を誰変更できるかをコントロールできます。他のアマゾンウェブサービスと同様に、Amazonでルート53を使用するにあたり、長期契約や最低要件はありません。お支払い額は、サービスを通じて管理するドメイン、サービスが対応するクエリ数、また、アマゾンルート53を通じて登録したドメイン名に応じて決まります。
IPアドレスを使用する場合は、環境内で一意である必要があります。 IPアドレスが静的である場合にのみ、IPアドレスを使用することをお勧めしますTheLaLaあなたはそれが静的である場合にのみ、IPアドレスを使用することをお勧めします。 IPアドレスには、IPバージョン4(IPv4)のまたはIPバージョン6(IPv6)のを使用できます【選択IPアドレスは、IPバージョン4(IPv4)のまたはIPバージョン6(IPv6)のであってもよいです。 IPv6のアドレスは、[]のように、角かっこで囲む必要があります前例のないIPv6アドレスは、例えば、角括弧で囲まなければなりません:[]。
い.Elasticロードバランサ(ELB)DNSのフェイルオーバーを設定することができます.ELBエンドポイントのDNSフェイルオーバーを有効にするには、ELBを指定したエイリアスレコードを作成し、「評価対象の健康」パラメータ真に設定します.Route 53がELBのヘルスチェックを自動的に作成し、管理します.Route 53によるELBヘルスチェックを独自に作成する必要はありません。ーザーがELBのリソースレコードセットを独自のユーチューブヘルスチェックに関連付ける必要もありません。ユーチューブーザーに代わって国道53が管理するヘルスチェックに、リソースレコードセットが自動的に関連付けられます。また、ELBヘルスチェックは、そのELBの背後にあるバックエンドインスタンスの状態継承します.ELBエンドポイントでDNSフェイルオーバーを使用る方法について詳しくは、国道53開発者ガイド
Whoisのとはドメイン名の公開データベースで、連絡先情報と、ドメイン名に関連付けられたネームサーバーが記載されています.Whoisデータベースには、広く利用できるWHOISコマンドを使用して誰でもアクセスできます。ソフトウェアコマンドは多くのオペレーティングシステムに付属し、多くのウェブサイトでウェブアプリケーションとしても利用できます.ICANN(割り当てられた名前と番号のためのインターネット株)では、ドメイン名の所有者に連絡を取る必要がある場合に備えすべてのドメイン名に対して連絡先情報の公開を義務付けています。
サービス開始以来、「そのようなドメイン名はありません」というメッセージを利用してスパムを排除していたフィルターや、ネットワークに接続されたプリンターの一部は、適切に作動しなくなってしまった。まました、モバイル・ウェブ・サービスを利用している場合、サイトファンダー・サービスによって表示される画面は、従来の「そのようなドメイン名はありません」という画面よりもデータ量が多いため、通信料が余計にかかる可能性がある。
サイトのFinderを中止した。これにはICANNとVeriSignの社が結んでいる契約が背景にあったようだ.washingtonpost.comによると、ベリサイン社とICANNの契約には「もし、ベリサイン社がインターネットに危害与えたことが認められた場合、ICANNは、ベリサイン社に最大10万ドルの罰金を課すか、付与しているドメイン名システムの権限を剥奪する」といった条項が盛り込まれていたという(掲載記事) 。そして今回、ICANNが正式な中止要請を出したことで、ベリサイン社はそれに応じました。
あくまでも同社の主張は、インターネットのインフラを技術革新すること。さもなければインターネットは脆弱なものになるという。ネット・インフラに投資することが必要であり、そのためにサイトのFinderで資金を調達する必要があるというのが同社の一貫した主張である。また、「サイトファインダーとレジストリ・サービスとは無関係。したがってICANNがサイトファインダーを管理・監視するものでもない」とも主張している(掲載記事)。
ルート53のDNSは、クエリに対する複数値の返答をサポートするようになりました。ロードバランサーに代わるものではありませんが、DNSクエリへの返答で複数のヘルスチェック可能なIPアドレスを返す機能は、を使用DNSして可用性と負荷分散を向上させるための手段です。ウェブサーバーなどの複数のリソースにランダムにトラフィックをルーティングする場合は、リソースごとに複数値の返答レコードを1つ作成することができ、必要に応じてアマゾン国道53ヘルスチェックを各レコードに関連付けることができます。アマゾンルート53は、各のDNSクエリへの返答で最大8つの正常なレコードをサポートします。

トラフィックフローポリシーを作成すると、AWSリージョン(AWSリソースを使用している場合)、または各エンドポイントの緯度および経度のいずれかを指定できます。例えば、AWSの米国東部(オハイオ)リージョンと米国西部(オレゴン)リージョンにEC2インスタンスを所有しているとします。シアトルのユーザーがお客様のウェブサイトにアクセスする場合、地理的近接性を使用したルーティングにより、DNSクエリは米国西部(オレゴン)リージョンのEC2インスタンスにルーティングされます。これは、地理的に近いためです。詳細については、地理的近接性ルーティングのドキュメントを参照してください。
アマゾンルート53は、他のAWS機能や製品と合わせて運用するように設計されています.Amazonルート53を使用してドメイン名をAmazon EC2のインスタンス、アマゾンS3バケット、アマゾンCloudFrontのディストリビューションおよびその他のAWSリソースマップできます.AWSアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)サービスとアマゾンルート53を併用することにより、DNSデータを更新するユーザーをさらに詳細にコントロールできます.Amazonルート53を使用すると、ゾーンアペックス(WWW。 example.comではなくexample.com)から弾性負荷分散インスタンス、アマゾンCloudFrontのディストリビューション、AWS Elastic Beanstalkで環境、またはAmazon S3のウェブサイトバケットへのマッピングを、エイリアスレコードと呼ばれる機能を使用して行うことができます。
「松本洋紙店」は、インクジェット用紙、レーザープリンタ用紙、特殊紙などを販売している紙専門のネットショップ。紙の問屋が運営していたショップが始まりだ。2000年の現代表松本氏の入社機に、それまで出店していた楽天市場を退店して独自ドメイン名にして営業を開始し、2005年に問屋の事業転換を機に松本氏が独立して運営を開始。独立後の2007年2月には月商500万円を達成している。取材時点での取扱商品点数は400点ほど。スタッフがそれぞれの役割を担い、全体の運営指揮を代表の松本氏が行っている。
いいえ.Amazonルート53は、権威ある(権威)DNSサービスであり、ウェブサイトホスティングを提供しません。ただし、アマゾンシンプルなストレージサービス(アマゾンS3)を使用して、静的ウェブサイトをホストすることができます。動的ウェブサイトやその他のウェブアプリケーションをホストするには、アマゾン弾性計算クラウド(Amazon EC2の)を使用できます。従来のウェブホストソリューションに比べて、柔軟性と制御性に優れ、コストが大幅削減されます.Amazon EC2の詳細については、ここをご覧ください。静的なウェブサイトでも動的なウェブサイトでも、アマゾンCloudFrontのを使用すれば、全世界のエンドユーザーに対して低いレイテンシーで配信を行うことができます.Amazon CloudFrontはの詳細については、ここをご覧ください。
DNSフェイルオーバーは「ヘルスチェック」と「フェイルオーバー」の2つの要素で構成されます。ヘルスチェックとは自動化されたリクエストであり、インターネットを介してお客様のアプリケーションに送信されます。この目的は、アプリケーションが到達可能で使用可能で、機能していることを確認することです。このヘルスチェックは、アプリケーションのユーザーからの典型的なリクエスト(例えば、特定URLのウェブページをリクエスト)に似たものとなるように設定することもできます.DNSフェイルオーバーを利用すると、リソースが正常な状態で外部から到達可能である場合にのみ、そのリソースに対する回答が返されるようになります。お客様のアプリケーションの中に正常に動作していない部分がある場合は、その部分へのエンドーザーからのアクセスは別の場所にルーティングされますユーチューブ。
プライベートDNSをセットアップするには、国道53でホストゾーンをを作成し、ホストゾーンを「プライベート」にするオプションを選択し、ホストゾーンとVPCの1つを関連付けます。ホストゾーンを作成した後は、追加のVPCをそのホストゾーンに関連付けることができます。プライベートDNSを構成する方法の詳細については、アマゾンルート53のドキュメントを参照してください。
APIからでも可能です。レコードセットを作成し、そのレコードセットに適切な値を指定してジオDNS対応レコードセットとしてマーキングし、レコードに適用する地理的な地域(グローバル、大陸、国、または州)選択するだけです.Geo DNSの使用方法の詳細については、アマゾン国道53開発者ガイドをご覧ください。
デフォルトのヘルスチェックによる監視のしきい値は3回です.3回連続してエンドポイントのヘルスチェックに失敗すると、ルート53はエンドポイントを障害状態と見なします。ただし、そのエンドポイントに対するヘルスチェックは引き続き実行され、再び合格すると、そのエンドポイントへのトラフィック送信が再開されます。このしきい値は1から10回の値に変更できます。詳しくは、アマゾン国道53開発者ガイドを参照してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *