ウェブドメインレジストリ | ウェブサイトの名前

現在、一般登録に先駆けて実施している優先登録(2016年9月2日〜9月26日)では、人気の高い文字列やネットショップ運営での実際の活用を目的とした申請が集まっております。その結果、優先登録期間の半分が経過した9月16日9時の段階で、サンライズ登録を合わせて累計1.900件を超え、2,000件到達目前となっています。優先登録期間は残り10日間あり、今後も期間終了にかけて件数はさらに増加する見込みです。
DNSフェイルオーバーは「ヘルスチェック」と「フェイルオーバー」の2つの要素で構成されます。ヘルスチェックとは自動化されたリクエストであり、インターネットを介してお客様のアプリケーションに送信されます。この目的は、アプリケーションが到達可能で使用可能で、機能していることを確認することです。このヘルスチェックは、アプリケーションのユーザーからの典型的なリクエスト(例えば、特定URLのウェブページをリクエスト)に似たものとなるように設定することもできます.DNSフェイルオーバーを利用すると、リソースが正常な状態で外部から到達可能である場合にのみ、そのリソースに対する回答が返されるようになります。お客様のアプリケーションの中に正常に動作していない部分がある場合は、その部分へのエンドーザーからのアクセスは別の場所にルーティングされますユーチューブ。
い.DNSからの応答は、プライベートホストゾーンに関連付けたすべてのVPC内で利用できます。なお、あるリージョンのリソースが別のリージョンにあるリソースにアクセスできるようにするには、それぞれのリージョン内にあるVPCが相互に接続できる必要があります。現在、国道53プライベートDNSのは、米国東部(バージニア北部)、米国西部(北カリフォルニア)、米国西部(オレゴン)、アジアパシフィック(ムンバイ)、アジアパシフィック(ソウル) 、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(シドニー)、アジアパシフィック(東京)、欧州(フランクフルト)、欧州(アイルランド)、および南米(サンパウロ)の各リージョンでサポートされています。
トラフィックフローポリシーを作成すると、AWSリージョン(AWSリソースを使用している場合)、または各エンドポイントの緯度および経度のいずれかを指定できます。例えば、AWSの米国東部(オハイオ)リージョンと米国西部(オレゴン)リージョンにEC2インスタンスを所有しているとします。シアトルのユーザーがお客様のウェブサイトにアクセスする場合、地理的近接性を使用したルーティングにより、DNSクエリは米国西部(オレゴン)リージョンのEC2インスタンスにルーティングされます。これは、地理的に近いためです。詳細については、地理的近接性ルーティングのドキュメントを参照してください。
ベリサイン社は10月4日
ドメインが存在しなかったり、連携するように構成されていない可能性があったりするため、SQL Serverのに接続しているアプリケーションでは、主にSQL Serverの認証を使用します.Christmas主にSQL Serverにする必要があり接続ドメインが存在しないか、または連携して動作するように構成されていない可能性があるため、SQL Server認証を使用します。
あなたは、作品または派生作品の他の受領者に本ライセンスのコピーを与える必要があります。あなたは、変更されたファイルに、あなたがファイルを変更したことを示す著名な通知を行わなければなりません。そしてあなたは、派生成果物の任意の部分に関係しないものの通知を除くあなたが配布する派生物、作業のソースフォームからすべての著作権、特許、商標、および帰属告知のソース形式で、保持していなければなりません。仕事はそのディストリビューションの一部として「NOTICE」のテキストファイルが含まれている場合と、その後、あなたが配布する派生物は、任意の部分に関係しないものの通知を除く、このようNOTICEファイルに含ま帰属告知の読み込み可能なコピーを含める必要があります次の場所のうちの少なくとも1つにおいて:デリバティブワークスの一部として配布される通知テキストファイル内。デリバティブ・ワークスに付属のソース・フォームまたはドキュメンテーション内で、そのような第三者の通知が通常表示される場合は、デリバティブ・ワークスによって生成された表示の中で、 NOTICEファイルの内容は情報提供のみを目的としたものであり、ライセンスを変更するものではありません。あなたは、このような追加の帰属告知が本ライセンスの修正と解釈されないことを提供し、あなたが横や仕事からNOTICEテキストに付録として、頒布する派生成果物に自分の帰属告知を追加することができます。あなたがあなたの修正するために、独自の著作権ステートメントを追加することができ、あなたの修正の使用、複製、または配布のための追加のまたは異なるライセンス条件を提供することができる、あるいは全体としてどのように派生成果のためのご使用、複製、および配布を提供それ以外の場合は、このライセンスに記載された条件に従います。
現在、他の人が登録しているドメイン名を購入したい場合、弊社がサポートできます。弊社のドメイン購入サービスは、お客様の名前は伏せたまま、個人ドメインブローカーを提供します。個人ドメインブローカーは現在のドメイン名所有者に連絡し、お客様の予算の範囲内で売却価格の交渉を行って、ドメイン名売却取引をサポートします。弊社のブローカーは、ドメインのエキスパートであり、最安値でご希望ドメイン名を購入するためできることをすべてやります。
アマゾン国道53ホストゾーンへの管理アクセスをコントロールするには、AWSアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)サービスを使用します.AWS IAMを使えば、複数ユーザーを作成し、AWSアカウント内で各ユーザーのユーザー権限管理することにより、お客様の組織でDNSレコードを変更するユーザーをコントロールできます。ここで、AWSの詳細をご覧ください。
ベリサイン社はレジストリなので、このうち(2)DNSのサーバーを管理しており、「com」や「.netの」といったトップレベル・ドメイン(TLD)を担当している。なお、同社はもともと「。 ORG」も担当していたが、このドメインについては今年の1月にインターネット関連国際団体ISOC(インターネット協会)の下部組織のPir(公益レジストリ)に移管された(関連記事)。

アマゾンルート53は、それぞれのAWSリージョン内で、Amazon S3のサービスのヘルスチェックを行います.Amazon S3ウェブサイトバケットを指すエイリアスレコードで[対象の健康を評価する]を有効にした場合、アマゾンルート53は、バケットがAWSあるリージョン内のAmazon S3のサービスの状態を考慮します.Amazonルート53は、特定のバケットが存在するかどうか、または有効なウェブサイトコンテンツが含まれているかどうかをチェックしません.Amazon S3サービスが、バケットが存在するAWSリージョンで利用できない場合に、アマゾンルート53は他のロケーションにフェイルオーバーのみを行います。
ジェネリックトップレベルドメイン(ジェネリックトップレベルドメイン)の略称。現在、gTLDのはトップレベルドメイン(TLD)の「.COM」や「.NET」などの22種類に限定されており、TLDの追加は国や地域別のTLDを除いて、インターネット上の資源を管理する組織ICANNが実施する募集に応募し、規定の審査プロセスを経る必要があります。しかし、2008年6月にICANNの理事会において、TLD導入のルールを大幅に自由化する案が承認され、2011年6月20日にICANNの理事会において、2012年1月よりICANNの適切な審査プロセスのもと自由な文字列によるTLDの申請が開始されることが決定しましました。
ネームサーバーはドメインのDNSデータの参照ポイントとして機能し、通常はドメインホスト会社によって維持されます。ネームサーバーでエラーが発生すると、メールの配信に遅延が生じたり、ウェブサイトが利用できなくなったりする場合があるので、単一障害点をなくすために、少なくとも2つ以上のネームサーバーを物理的に離れた場所に用意する必要があります。一部の国では、信頼性を確保するために、各ネームサーバーを異なるIPネットワークに用意する必要があります。どのネームサーバーもドメインの同じレコードを返す必要があります。レコードが返される順序は重要ではありませありません。
新規およびドメインセグメントのセグメントは、会社または組織内で決定されます。詳細については、このトピックの後半の「完全修飾ドメイン名の検索」を参照してください。
ドメイン登録の管理機関ICANNは、すべてのドメイン名登録について、レジストラで連絡先情報(名前、住所、電話番号、電子メールアドレスなど)が提供されていること、また、そのレジストラでWhoisのデータベースによりこの情報が公開されていることを義務付けています。(会社や組織ではなく)個人として登録するドメイン名の場合、ルート53ではプライバシー保護が提供され(無償)、個人の電話番号、電子メールアドレス、住所が公開されることはありません。代わりに、レジストラの名前、電子メールアドレスが、レジストラが生成した転送電子メールアドレスとともにWhoisのに保存され、この情報が必要に応じて、サードパーティがお客様に連絡を取る際使用される場合があります。
2008年1月4日に設立されたモディファイは、最高経営責任者(CEO)兼クリエイティブディレクターである小川浩氏の着想により開発した、オンデマンドRSSデータベース「MODIPHIエンジン」と、それを利用する各種アプリケーション群「MODIPHI APPS」を、ウェブサービスとして提供している。5月に正式サービス化したMODIPHI APPSをはじめ、次世代のウェブを牽引するテクノロジーを活用した同社のサービスについて伺きました。
カスタムドメイン名のDNSレジストラーを変更しても、中断したり追加の構成タスクを実施したりすることなく、AzureのADでそのカスタムドメイン名を引き続き使用できます.IFカスタムのDNS登録を変更ドメイン名は、あなたが中断することなく、追加の設定作業なしアズールAD自身でカスタムドメイン名を使用し続けることができます。 Office 365のやチューニングなど、AzureのADのカスタムドメイン名を使用するサービスで、自社のカスタムドメイン名を使用する場合は、各サービスのマニュアルを参照してくださいます。Office 365にカスタムドメイン名を使用します.IF、 iTunesの、または他のサービスそのBARELYのAzure ADでカスタムドメイン名に、サービスを揚げるためのドキュメントを参照します。
APIからでも可能です。レコードセットを作成し、そのレコードセットに適切な値を指定してジオDNS対応レコードセットとしてマーキングし、レコードに適用する地理的な地域(グローバル、大陸、国、または州)選択するだけです.Geo DNSの使用方法の詳細については、アマゾン国道53開発者ガイドをご覧ください。
クォーラムと共に使用できる監視の種類は、ディスクとクラウドのみです。クラウドは、のWindows Server 2016の新機能です【選択クォーラムで使用可能な唯一の証人の種類は、Windows Serverの新機能で、ディスク、クラウド、ある2016年可用性グループこれは、可用性グループによって共有ディスクによって使用されない可能性が最も高いため、問題があります。
アマゾンルート53は、セルフサービスでサインアップでき数分でDNSクエリへの応答を開始することができます.AWSマネジメントコンソールまたは使いやすいAPIを使用して、DNS設定を行うことができます。まました、プログラムを用いて、アマゾン国道53 APIをウェブアプリケーション全体に統合できます。例えば、新しいEC2インスタンスを作成する場合は、アマゾンルート53 APIのバージョンを使用して、新しいDNSレコードを作成することができます.Amazon国道53トラフィックフローでは、シンプルなビジュアルポリシーエディタを使用して、アプリケーション用の高度なルーティングロジックを簡単に設定できます。
データベースミラーリングエンドポイントは、コンピューターシステム上の使用可能な任意のポートを使用できます.Aデータベースコンピュータシステム上で使用可能な任意のポートを使用することができますミラーリングエンドポイント。各ポート番号は1つのエンドポイントだけに関連付けられている必要があります。また、各エンドポイントは1つのサーバーインスタンスに関連付けられています。そのため、1台のサーバー上に複数のサーバーインスタンスがある場合、単一のエンドポイントを使用する場合、各エンドポイントは単一のサーバーインスタンスに関連付けられます。したがって、同じサーバー上の異なるサーバーインスタンスは、異なるポートを持つ異なるエンドポイントでリッスンします。したがって、可用性レプリカを指定するときにエンドポイントURLで指定するポートにより、必ずエンドポイントがそのポートに関連付けられているサーバーインスタンスに受信メッセージがリダイレクトされます.Therefore、あなたはエンドポイントURLで指定したポートレプリカを指定すると、可用性は常に着信メッセージをそのポートに関連付けられたエンドポイントを持つサーバーインスタンスに転送します。
い。独自にヘルスチェックを作成しなくても、アマゾン国道53コンソールから、弾性ロードバランシングおよびAmazon S3のウェブサイトバケットのDNSフェイルオーバーを設定できます。このようなエンドポイントタイプについては、ユーチューブーザーに代わってルート53がヘルスチェックを自動的に作成し、管理します。このヘルスチェックは、ユーチューブーザーがELBまたはS3ウェブサイトバケットを指定したエイリアスレコードを作成し、エイリアスレコードで[評価対象の健康]パラメータを有効にすると使用されます。
ディレクトリを作成すると、 “contoso.onmicrosoft.com” などの初期ドメイン名がプライマリドメイン名に設定されます.Whenディレクトリが作成され、のような初期のドメイン名、 ‘contoso.onmicrosoft.comは、’ もありますプライマリドメイン名。新しいユーザーを作成するときにプライマリドメインは、新しいユーザーを作成したときにそのユーザーの既定のドメイン名になります【選択プライマリドメインは、新規ユーザーのデフォルトのドメイン名です。プライマリドメイン名の設定によって、管理者がポータルでユーチューブーザーを新規作成するプロセスが効率化されますプライマリドメイン名を.Settingポータルで新規ユーザーを作成するには、管理者のためのプロセスを合理化します。プライマリドメイン名を変更するには、次の手順に従います.TOプライマリドメイン名を変更します。
い。ドメインのDNS設定をしやすくするために、アマゾンルート53はNSレコード以外のすべてのレコードタイプに対してワイルドカードエントリをサポートします。ワイルドカードエントリは、DNSゾーンのレコードで、設定に基づき、ドメイン名のリクエストを一致させます。例えば、*。example.comなどのワイルドカードのDNSは、クエリwww.example.comとsubdomain.example.comに一致します。
アマゾンルート53は、Amazon EC2のインスタンス、弾性ロードバランシングロードバランサー、Amazon S3のバケットなどのAWSで実行するインフラストラクチャにユーザーリクエストを効率的に接続します。これはユーザーをAWS外のインフラストラクチャにルーティングするために使用できます.Amazonルート53を使用してDNSヘルスチェックを構成し、トラフィックを正常なエンドポイントにルーティングしたり、アプリケーションやそのエンドポイントの正常性を独立してモニタリングすることができます.Amazon国道53トラフィックフローでは、さまざまなルーティングタイプ(レイテンシーベースルーティング、ジオDNS、地理的近接性、加重ラウンドロビンなど)を使用してトラフィックをグローバルに簡単に管理できます。このすべてのルーティングタイプをDNSフェイルオーバーと組み合わせることができるため、低レイテンシーのさまざまなフォルトトレラントアーキテクチャを実現できます.Amazon国道53トラフィックフローのシンプルなビジュアルエディタを使用して、エンドユーザーをアプリケーションのエンドポイントにルーティングする方法を簡単に管理できます。エンドポイントが1つのAWSリージョン内にあるか、世界中に分散しているかは関係ありません。また、アマゾンルート53ではドメイン名登録も提供します.example.comとのようなドメイン名を購入および管理でき、アマゾンルート53でお客様のドメインのDNS設定が自動的に構成されます。
追加しメールやSkypeのビジネスオンラインのためのようなサービスは、自分のドメイン名を使用するようにOffice 365のでドメインをセットアップする手順に従います。これを行うには、ドメインを確認して、適切なDNSレコードセットアップできるようにOffice 365のに、ドメインのネームサーバーを変更します。次の3つのステートメントには、状況がについて説明している場合は、以下の手順を実行します。
デフォルトのヘルスチェックによる監視のしきい値は3回です.3回連続してエンドポイントのヘルスチェックに失敗すると、ルート53はエンドポイントを障害状態と見なします。ただし、そのエンドポイントに対するヘルスチェックは引き続き実行され、再び合格すると、そのエンドポイントへのトラフィック送信が再開されます。このしきい値は1から10回の値に変更できます。詳しくは、アマゾン国道53開発者ガイドを参照してください。
サービス開始以来、「そのようなドメイン名はありません」というメッセージを利用してスパムを排除していたフィルターや、ネットワークに接続されたプリンターの一部は、適切に作動しなくなってしまった。まました、モバイル・ウェブ・サービスを利用している場合、サイトファンダー・サービスによって表示される画面は、従来の「そのようなドメイン名はありません」という画面よりもデータ量が多いため、通信料が余計にかかる可能性がある。
国道53ヘルスチェックの結果は、CloudWatchのメトリクスとして公開されます。そのため、ヘルスチェックの値が指定したしきい値を超えた場合にトリガーされるよう、さまざまなCloudWatchの通知と自動アクションを設定できます。まず国道53またはCloudWatchのコンソールのヘルスチェックメトリクスでCloudWatchのアラームを設定します。次に、通知アクションを追加し、通知の発行先のEメールアドレスまたはSNSトピックを指定します。詳細については、国道53開発者向け参照してください導きます。
ディレクトリにeurope.contoso.comなどの第3レベルドメイン名を追加する場合は、最初に、contoso.comなどの第2レベルドメインを追加して、確認する必要があります。サブドメインは、AzureのADによって自動的に確認されますあなたがそのようなディレクトリに「europe.contoso.com」としてサードレベルドメイン名を追加する.IFは、まずcontoso.comなど、セカンドレベルドメインを追加して確認する必要があります。サブドメインは自動的AzureのADによって検証されます。追加したサブドメインが確認済みであることを確かめるには、ブラウザーでドメインが一覧表示されるページの表示を更新します、先ほど追加したサブドメインが検証されていることがわかり、ブラウザでページを更新.TOそれはドメインを示しています。
アマゾンルート53は、他のAWS機能や製品と合わせて運用するように設計されています.Amazonルート53を使用してドメイン名をAmazon EC2のインスタンス、アマゾンS3バケット、アマゾンCloudFrontのディストリビューションおよびその他のAWSリソースマップできます.AWSアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)サービスとアマゾンルート53を併用することにより、DNSデータを更新するユーザーをさらに詳細にコントロールできます.Amazonルート53を使用すると、ゾーンアペックス(WWW。 example.comではなくexample.com)から弾性負荷分散インスタンス、アマゾンCloudFrontのディストリビューション、AWS Elastic Beanstalkで環境、またはAmazon S3のウェブサイトバケットへのマッピングを、エイリアスレコードと呼ばれる機能を使用して行うことができます。
.COMや.NETなどのgTLDのと呼ばれるTLDを扱うレジストラについては、gTLDの共通のルールに基づいて業務を実施する義務が課されているため、費用や細かいサービス面での差はありますが、どのレジストラ選んでもドメイン名の登録管理自体に関しては、比較的共通したサービスが受けられます。また、あるレジストラから別のレジストラへと乗り換えたい場合についても、あらかじめレジストラを変更するための手順が定められています。
特定のサービスについて「どういう目的で提供されているのか?「「どのように活用できるのか?」を知りたい場合は、2章以降の個別のサービス紹介において
Windows Server 2012 R2では、可用性グループで使用できるWindows Serverのフェールオーバークラスターの特殊な形式である
ベリサイン社は、サイトのFinderによって資金を得る必要があったと語っている。「お金がなければ、インターネットの重要なインフラは守れない。昨年、悪意のあるハッカーから攻撃があったが、当社のサーバーは無傷に近かった。それは我が社が膨大な資金を投じているからだ」(ベリサイン社INGとディレクトリサービスグル​​ープ取締役副社長のラッセル・ルイス氏)と説明している(米CNET.News.comの記事) 。
DNSリゾルバーが返答をキャッシュする時間の長さは、各レコードに関連付けられた有効期限(TTL)と呼ばれる値によって設定されます.Amazonルート53には、いずれかのレコードタイプのデフォルトのTTLはありませありません。キャッシュするDNSリソルバーがTTLを介してDNSレコードを指定した時間の長さにキャッシュされるように、各レコードのTTLを常に指定する必要があります。
ここで、レジストリについて簡単におさらいしよう。まず、我々がドメイン名を取得するときは、登録業者に申し込んで所定の費用を支払う。この業者は「レジストラ」である。そして、そのドメイン情報をデータベース化して、DNSサーバーを運用しているのが「レジストリ」である(ちなみに、ベリサイン社はレジストラとレジストリの両方を行っている。レジストラ業務はネットワークソリューション事業が、レジストリ業務は、インターネット・サービス・グループが行っている:ベリサイン社の関連資料)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *